覚悟していた以上の症状が出続ける私の更年期

更年期が始まったのかも、と感じたとき

更年期は症状の違いがあるにしても、ある程度の年齢になれば誰もが経験するものですね。

私が「自分は更年期になったのかな」と感じたのは、生理がくることも少なくなり、体重も増え始めたことからでした。

若い頃から生理痛がひどく、出産をする可能性も無くなりつつあったとき「早く生理が無くなればこの痛みも無くなるのに…」と思っていましたが、いざ生理が来なくなることが増えると寂しかったですよ。

しかも更年期は生理が遠ざかってやがて無くなって終わりではなく、様々な症状まで表れるため、更年期が始まったと感じてからはため息の連続です。

■私の更年期障害症状

私の場合、更年期の症状は足の裏や甲が熱を持ったように熱いということです。

以前はかなりの冷え性で就寝時にも布団の中にはソックスを履いていたほどでしたが、今では冬の寒い日でも裸足でいなければ足が気持ち悪く、不快感が強いのです。

そのため日中は常に裸足で、就寝時は布団から足だけ出すようにして対処しています。

さらに夏でも汗をかくことが少なかった体質でしたが、ホットフラッシュやほてりで汗がバーッと出る症状も始まりました。

典型的な更年期障害の症状ですね。

そこでホットフラッシュやほてりが出てきたなと思ったら、今いる場所を移動してみたり、掃除を始めたりして身体を動かして気を紛らすようにしました。

今のところ私の場合はこれで汗はひくようですが、また汗が出てきたら同じように気を紛らせることを繰り返しています。

時には頭が痛みボーっとして異常な眠気に襲われることもありますが、このようなときにはかなり困ります。

すぐに眠れる時間帯ならばよいのですが、そうはいかないことの方が多いですから息を深く吸い込み、なるべく身体を動かすようにします。

■自分の身体を守るのは自分

いつもより症状のひどいときやイライラが溜まって仕方が無いときには、思い切って人に頼ることも必要なのかもしれません。

いずれにしても自分の身体は自分で守るものですから。

更年期はいずれ落ち着いてくるもののようですが、今リアルタイムで経験している世代としては、うまく付き合っていく方法を見つけなければいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です